二蓋笠会の沿革教伝内容入会について大和柳生での活動研究発表リンクお問い合わせ

研究発表

二蓋笠会コラム

 柳生新陰流・二蓋笠会に関するコラムです。

 二蓋笠会は、芳徳禅寺の先代住職・橋本定芳師の「柳生の地に柳生流を」という意思に賛同された神戸金七先生と、神戸先生より目録を授かり、生涯にわたって柳生流を修行、研究された畑峯三郎師範の流れをくむ会派です。

 こちらのコラムでは、当会に伝わる教え、口伝、研究成果などをご紹介していきます。

−二蓋笠会の口伝−