二蓋笠会の沿革教伝内容入会について大和柳生での活動研究発表リンクお問い合わせ

二蓋笠会の沿革

橋本定芳和尚 (二蓋笠会の沿革・壱)

 「あるべき所にあるべきものがないのじゃ。
  あるべき所にあるべきものをつくらにゃならんのじゃ」

 柳生の芳徳禅寺の先代住職 橋本定芳師は会う人ごとに熱心にこう説かれていたそうです。

正木坂道場1
【建設途中の正木坂道場】

 芳徳禅寺は、柳生宗矩が父石舟斎の供養の為、沢庵和尚を開基として創建した臨済宗大徳寺派の禅寺で、柳生家の菩提寺として知られていましたが、明治の御一新による武士階級の崩壊、廃藩により荒廃し、明治の末には廃寺の危機にさらされていました。

 そこへ柳生に心底惚れこんだ橋本定芳師が、柳生を終のすみかと決め大正15年6月に赴任し、お寺の復興に尽力されました。

 定芳和尚曰く、

正木坂道場2
【柳生への熱い想いが道場再建を現実にした】

「柳生に道場がないのは、あるべきところに毛がないのと同じで、まことに不自然至極。柳生の剣は人を損わぬ。どうすれば力を用いずして世の中を治められるか。それを極めつくして無刀の位に到達したからこそ、天下の剣となった。日本武道の奥の院じゃ。だからここに道場を置き、誰にでも何にでも使って貰って、柳生の精神を活かして欲しい。今やっておかぬと、あと三百年は出来ぬからな。」

 元々有名な画家であった橋本定芳師は、仏画を多く手掛けるようになってから「お経がわからねば本当の仏画は描けぬ」と覚悟し、仏縁を得て仏門に入られた経歴のお方です。

「柳生は日本の臍(へそ)である」と喝破され、地元柳生はもとより、来るべき新しい時代の日本発展に必要な柳生道場の再建と、お流儀である柳生新陰流の復活に生涯をかけられました。